基礎代謝とは

ジンブラックは効果なし?口コミの89%は嘘?本当に痩せるの?

MENU

基礎代謝とは

 

まずは、基礎代謝の基本的なことを知りましょう。基礎代謝は、私たちの体を取り回す基本的な気力のことです。
基礎代謝
基礎代謝とは、生きていくために下限必要な命行動、つまり五臓六腑を取り回したり体温を維持するなどに通じる気力だ。
毎日の総利用気力=基礎代謝(約70%)+生涯行動入れ替わり(約30パーセント)
基礎代謝の中で、最も気力利用が多いのは筋肉だ。筋肉を鍛えて筋肉数量を増やすことで基礎代謝数量が目立ち、太りづらく痩せやすいカラダになります。逆に筋肉が短く脂肪が多いと、基礎代謝数量が少ないので痩せづらいカラダになります。

 

平均的な基礎代謝数量
では、自分のカラダの基礎代謝数量はどのくらいなのでしょうか。厚生労働省に因ると、世代別の程度基礎代謝数量は以下の表となっています。
歳裏基礎代謝数量

 

18〜29才 1,550 1,210
30〜49才 1,500 1,170
50〜69才 1,350 1,110
70才以外 1,220 1,010

 

 

「第6後改定邦人の養分必要数量について」厚生労働省

 

 

生涯行動強弱と基礎代謝
人が1日に消費する気力の数量は、ライフスタイルや運動量によって異なります。これを「生涯行動強弱」と言います。生涯行動強弱と基礎代謝数量で、総利用気力数量が決まります。
総利用気力算出方法
基礎代謝数量×生涯行動強弱指数=総利用気力数量
生涯行動強弱の算出方法は以下の通りです。
行動強弱指数×チャンス=生涯行動強弱指数
■行動強弱指数
行動強弱 指数 行動の実例
安らぎ 1.0 眠り、横になる、じりじり陣取る(本読み・テレビ拝観)
大層軽々しい 1.5 立ち話、クルマドライブ、机上オペレーション、料理、ランチ
ふつう 2.5 ウォーキング、ケア・洗濯、上がりあるく現職、足通勤
ちょこっとどぎつい 4.5 園芸、草取り、急ぎ足、グレード昇降、農業・漁業
どぎつい 6.0 土木オペレーション、農繁期のオペレーション、荷配送、山野現職
生涯行動強弱が大きい体を移す生涯を続ければ、基礎代謝数量、つまり利用気力が増えます。次回は、気力についてご品評します。
→「痩せこける規則 補充カロリー<利用カロリー」